コーリン・エドワーズ今季で引退へ…。

エドワーズが今季限りで引退すると発表しました。

05edwards_img_9197_colin-edwards_original

残念です。とても悲しいです。

カピロッシの時はそうでもなかったんですが、今回はとても寂しいです。

 

とは言いつつも、やはりエドワーズもいい歳です(現在40歳らしいです)。

 

今年M1を手に入れても全然報道されないですもんね。
どちらかと言うとチームメイトのエスパルガロ兄が注目されています。
日本の社会で言うと定年はとっくに過ぎています。

PA1492463

アメリカ人も年々減っています。(去年にはベン・スピーズがmotogpから去っています)
今年は去年のAMA王者ジョシュ・ヘリンがモト2から参戦していますがこれからは分かりません。

 

ここからはエドワーズの昔の話を…。
さかのぼって調べたらmotogpでの表彰台は2位。2009年ドイツグランプリ
motogp01_6_slideshow
雨でした。僕も観ていましたがたしかごっつぁんゴールだったような気がします。
それでもエドワーズ優勝?する?とか思って観ていました。

他に思い出深いのはテック3に居た時にチームメイトがトスランド(SBKからチャンピオンとして加入)だった頃、この二人の仲の悪い記事ですかね。エドワーズって意外と怖いんだなと思っていた記憶があります。

あとはこれ
012
2006年の8耐です。
この年は96年優勝のタッグが復活ということ+ヤマハのファクトリーチームが復活ということで全国で話題沸騰でした(ただし2輪業界に限る)。しかし先頭ライダーのエドワーズが転倒→リタイアで全国の日本人が方を落としました(ただし2輪業界に限る)。

 

芳賀が走らない!と。あれは残念だった。本当に残念。まさかでしたよ。

 

他にもエドワーズといったら、VTRとか211V時代とか結構話題があると思います。
僕はそこまでは掘り下げないしそこまで詳しくありません。時間があれば書いていこうと思っています。

 

最後に…。
Araiのヘルメットでも分かるように日本ではエドワーズは人気があると思います。
五体満足で引退できることは幸せですが、かなり寂しくなりました。
それでも本人が引退すると決めた以上仕方ありません。
まだまだ引退は先ですが本当にお疲れ様でした。ありがとう御座いました。

 

(注意)
画像が一部違いますがこれは仕様です。
なぜなら本人の写真はレース開始そうそう転けてリタイアしてしまったからありません、悪しからず(^o^)